キレイに痩せる!脂肪吸引治療の受け方ガイド
切らない脂肪吸引おすすめクリニックはコチラ
切る脂肪吸引おすすめクリニックはコチラ

キレイに痩せる!脂肪吸引治療の受け方ガイド > 脂肪吸引に関する基礎知識 > 脂肪吸引後のアフターケアってどんなことをするの?

脂肪吸引後のアフターケアってどんなことをするの?

切る脂肪吸引切らない脂肪吸引お悩みを解消するのはどっち?

診断スタート

脂肪吸引後の回復速度や美しい仕上がりに大きな影響を及ぼすアフターケア。術後にあらわれる症状別のケア方法や注意点、クリニックで行なわれる機械を使ったアフターケアなどを紹介していきます。

脂肪吸引後のアフターケアは必要?

なかなか減らない贅肉を一気に解消できるのが魅力の脂肪吸引ですが、身体に負担の大きい施術のためダウンタイムは長め。施術で傷ついた組織の回復を促進し、なるべく早く効果を得るためにはアフターケアが欠かせません。

脂肪吸引後に出てくる症状として挙げられるのは、むくみや痛み、肌のでこぼこなどです。どれも数ヶ月で自然と回復することがほとんどですが、放置しておくと新たなトラブルを引き起こす場合もあるので要注意。適切なアフターケアを行なうことで、トラブルのないより美しい仕上がりが得られます。

症状別!自分でできるアフターケア方法

脂肪吸引後に出る症状として代表的な「拘縮(こうしゅく)」「痛み」「むくみ」について、症状を緩和させるアフターケア法や注意点を見ていきましょう。

術後の拘縮(こうしゅく)はマッサージでケア!

脂肪吸引後は、吸引によってなくなった脂肪部分を回復しようとする組織の働きから、拘縮と呼ばれる肌がでこぼこする症状があらわれます。約3ヶ月~半年で自然と元にもどりますが、マッサージで皮膚をほぐしてあげるとより回復が早まりますよ。湯船に浸かり身体を温めた後、心臓に向かうように優しくマッサージを行なっていきましょう。しこりのように硬くなっている部分は、指圧でぐりぐりとほぐすと効果的です。

半年以上経過しても症状が改善されない場合は、脂肪の取り残しが原因の可能性があるので一度クリニックに相談してみてください。

痛みには鎮痛剤やクッションが効果的!

メスを利用した施術法の場合、麻酔が切れると筋肉痛に似た痛みがあらわれてきます。とくにお腹やお尻、太ももなど脂肪量が多い部分の施術を行なった場合には、強く症状が出ることが多いので軽減させるためにもしっかりケアしていきましょう。

基本的にはクリニックから鎮痛剤が処方されるので、それを服用することで痛みがやわらぎます。外からの刺激によって痛みが出ることが多いので、クッションやスポンジを利用するのも効果的。痛みのピークと言われる術後3日目は、寝返りするだけでも激しい痛みがあるので布団の中にクッションを敷いて施術箇所を保護してあげてください。

むくみは着圧タイツで乗り切る!

脂肪を除去した部分に麻酔液やリンパ液が溜まることで発生するむくみ。改善するためには着圧タイツを身に着けて、強制的にむくみを抑えることが有効です。しかし、術後すぐに身に着けると刺激が強く痛みを悪化させてしまうことがあるため、痛みがひくころに着用し始めるのが良いでしょう。

身体が冷えるとうまく水分を代謝できなくなり、余計にむくんでしまうので身体を温めることも大切。「湯船にしっかりと浸かる」「ストレッチや運動をする」のも効果的ですよ。とくに下半身はむくみやすいので太ももやひざ、ふくらはぎの施術をしたときは入念なケアが必要です。

クリニックで受けられるアフターケアも

脂肪吸引後のアフターケアに使用できる「インディバ」と「エンダモロジー」という機械があり、クリニックでケアが受けられます。セルフケアがしっかりできていれば受ける必要はありませんが、より早く効果を得たい人に最適ですよ。

  • インディバ
    高周波を当てることで施術部位を温める機械。血行が促進されリラクゼーション効果が期待できます。
  • エンダモロジー
    ローラーによって身体の深部まで揉みほぐしてくれる機械です。血液やリンパの流れをスムーズにし、むくみやたるみを改善します。

クリニックでアフターケアをするときの注意点

「費用が高額」「アフターケアは別のクリニックで行なっている」というところもあるので、ケアを受けたい場合は事前に確認しておきましょう。脂肪吸引後に出る症状は一時的なものがほとんどですが、担当医師の技術不足による脂肪の取りすぎが原因なこともあります。その場合はクリニックのケアでも症状が改善されず、再手術が必要となるので留意しておきましょう。

  • 二の腕
  • 背中
  • ウエスト
  • お腹
  • お尻
  • 太もも
  • 膝まわり
  • ふくらはぎ(足)

痩せたい部位によって、治療方法が異なるって、ご存知でしたか?
あなたがスリムになりたい部位をチェック!

脂肪吸引の方法切る手術方法とは

吸引管で脂肪を吸引する治療法です。
最近では、皮膚の切開の範囲も小さくなり、その分身体への負担も軽くなっているんだとか…。
クリニックによって様々な機器や手法を用いて脂肪を吸引しているようですが、それぞれどんなリスクや効果が期待できるのでしょうか?
機器や手法ごとに分けて東京のクリニックをまとめてみました。

  • 機器や手法の違いをチェック
  • 切る脂肪吸引クリニックおすすめ5院

切らない手術方法とは

吸引管を使用せず、外からの刺激で脂肪を減らす治療法です。
最近では、アメリカの厚生省が痩せると認可しているハイテク技術を搭載したマシンまであり、身体への負担も軽く、治療後は普段通りに過ごせます。
クリニックによって様々なマシンがあるようですが、それぞれどんな効果が期待できるのでしょうか?

  • 機器や手法の違いをチェック
  • 切らない脂肪吸クリニックおすすめ5院

脂肪吸引クリニック選び3つの心得

大切なクリニック選び

クリニックならどこでも良いというわけではありません。
脂肪吸引の技術は、医師の腕次第で仕上がりに大きな差があるといわれています。

失敗者口コミ
  • 治療後、肌が凸凹になった…
  • 治療した肌のたるみがひどい…
  • 傷が治らない…

など…技術力の低い、不慣れな医師の治療はとてもリスクが高くなります。
このリスクを減らすために、正しいクリニックの選び方やおすすめできないクリニックの特徴をご紹介します。ぜひご参考にしてください。

クリニック選び3つの心得

東京の脂肪吸引クリニックを比較してみました!

切らない脂肪吸引おすすめクリニックはコチラ

切る脂肪吸引おすすめクリニックはコチラ