キレイに痩せる!脂肪吸引治療の受け方ガイド
切らない脂肪吸引おすすめクリニックはコチラ
切る脂肪吸引おすすめクリニックはコチラ

脂肪吸引にかかる費用の
相場は?

切る脂肪吸引切らない脂肪吸引お悩みを解消するのはどっち?

診断スタート

高い技術を必要とするため、美容整形手術のなかでも費用がかかると言われている脂肪吸引。もちろん自由診療となるので、保険は適用されません。施術方法や部位によって料金はどう変わるのでしょうか?このページでは、施術方法・部位別に脂肪吸引の費用相場を調査し、まとめています。注意点もあわせてチェックしてくださいね。

脂肪吸引の費用は様々!何が違うの?

豚さん貯金箱とお金

脂肪吸引の費用はクリニックによって大きく異なります。同じお腹の脂肪吸引でも、50万円の料金設定をしているクリニックから、100万円以上というクリニックまで様々。クリニックによって料金が2倍も3倍も違う!ということは、脂肪吸引では珍しくないのです。
ではなぜこれほどまでに費用に差が出てしまうのでしょうか。その理由としては、主に次のようなものがあります。

  • 脂肪を吸引するマシンの違い
  • クリニックの基準(医師のスキルなど)
  • オプション価格が含まれるかどうか(麻酔代・アフターケア代など)

クリニックによって、用いる脂肪吸引機が異なるため、料金に大きな差が出ます。
さらに、同じ機械を使っての同じ部位への施術でも、担当医師の実績やスキルの高さに料金がさゆうされることがあるのです。
また、初診料や麻酔代、アフターケアにかかる料金等を含めず、あくまで脂肪吸引施術のみの料金として提示しているクリニックもあります。
事前に複数のクリニックに問い合わせ、施術料金を比較するのがおすすめです。

切る脂肪吸引の費用相場

脂肪吸引の費用をマシン別にみていきましょう。まずは皮膚を切開して脂肪を吸引する、一般的な「切る脂肪吸引」のマシン別費用相場です。

ベイザー

部位によって費用は異なりますが、狭い範囲であれば15万円~、広範囲であれば80万円前後が相場。「ベイザーリポ」や「ベイザーハイデフ」といった種類がある機械です。

シリンジ

機械を使用しない脂肪吸引だからか、相場は10~20万円とやや低料金。頬・あごなどの脂肪を取り除く際に用いる施術方法です。

ボディジェット

1部位20~40万が相場。複数の部位や広範囲への施術であれば70~90万円ほどになります。

エルコーニアレーザー

1部位30万円~。太ももやおお腹など範囲の広い部位の場合は、70~100万円が目安です。

ライポマティック

頬や顎など狭い範囲への施術であれば20万円程度が費用相場です。お腹や太ももなどは60~80万円ほどとなります。

チューメセント法

二の腕やふくらはぎなどのパーツで35~40万円ほど。腹部や太もも全体への施術であれば、80~100万円ほどです。

ボディタイト

腹部の施術で50~70万円、太ももへの施術で60~80万円が相場となります。

ウルトラゼット

二の腕やふくらはぎなど狭い範囲への施術で25~35万円、腹部や太ももなど広範囲の施術で50~70万円が料金相場です。

切らない脂肪吸引の費用相場

脂肪吸引には、皮膚の上から脂肪を破壊する「切らない脂肪吸引」があります。こちらもたくさんの機械がありますので、それによって料金が異なります。マシン別の相場を見ていきましょう。

ライポソニックス

5cm×5cmほどの正方形サイズで約2~4万円。高度な超音波技術を使用するため、広範囲の部位に施術する際は費用の総額を確認しましょう。

ウルトラアクセント

1エリア(10cm×10cm)への施術で1回1万円~2万円が料金相場となっています。効果を実感するには平均3~5回ほどの施術が必要です。

リポコントラスト

施術箇所やサイズによって料金が変わりますが、約5~7万円が目安となります。

ゼルティック

中型カップ(手のひら1枚分程度)の施術で1回5~8万円が費用相場となります。大型カップ(手のひら2枚分程度)で1回8~10万円です。

トゥルスカルプ

1エリアの施術料金が約1万円ほど。ある程度の範囲を部分痩せするとなると、15~25万円ほどかかります。

ヴェラシェイプ

腹部や二の腕など、1パーツで3万円~5万円ほどが料金相場です。効果を実感するまでには複数回受けるということもあるので総額が増えることも。

ウルティマアンサンブル

1回の施術料金の相場は3~4万円。1エリアの施術範囲は30×10cmと広めなので、一度に広範囲を部分痩せでき、コスパは◎。

脂肪溶解注射

1本の注射で約1~2万円。顔など狭い範囲への注射であれば1回5~7万円が料金相場です。

ウルトラキャビテーション

手のひら大の1部位への施術が1回2~3万円ほど。ただし、痩身効果を実感するためには複数回の施術が必要です。

部位別の費用相場

脂肪吸引の料金は施術してもらう部位によって大きく変わります。吸引する脂肪の量や部位が増えれば増えるほど、料金も増えていくのです。ここで、部位別の費用相場を見ていきましょう。

太もも

目安は15~100万円程度。太ももは脂肪吸引施術のなかでも人気が高い部位なので、少々高めの料金設定にしているクリニックも。全体の施術だけでなく、内側・外側・前面・後面から施術してもらいたい箇所を指定することもできます。

お腹

腹部・ウエスト・腰などのお腹周りは20~100万円が相場。脂肪吸引と同時にインナーマッスルを鍛えると、より効果を実感できるでしょう。

おしり

おしりの脂肪吸引の相場は15~40万円程度。皮下脂肪が蓄積しやすいおしりの脂肪を取り除くと、ヒップアップ効果で足が長く見えると言われています。クリニックのメニューでは「臀部」と表記されていることも。

二の腕

二の腕は10~40万円程度が相場。引き締まった二の腕には上半身が細く見える効果が期待できます。振りそでのようにたるんだ二の腕のぜい肉を捨てて華奢な印象を手に入れて。

頬・あご

頬は25~40万円、あごは20~30万円程度が目安。ふたつを総称して「顔」と表記しているクリニックもあります。

ふくらはぎ

費用の相場は30~50万円程度。ふくらはぎの脂肪を吸引することで、むくみにくくスッキリとしたラインに整えられるでしょう。

初めに提示された金額と違う…そんなトラブルに要注意!

料金の説明をする医師

冒頭でも述べた通り、各クリニックのホームページなどに掲載されている脂肪吸引の料金は、同じ機械・同じ部位でもクリニックによって大きく異なります。

最も経験の浅い医師が施術した場合の料金を掲載していたり、麻酔代やアフターケアにかかる料金をわざと含めず、安く見せているクリニックも中にはあるのです。 安いからと言って安易に治療を受けると、後々高額な費用を請求されたり、想像していたほど脂肪が取れていない…というトラブルに繋がることも。

脂肪吸引を検討するときは、必ず複数のクリニックでカウンセリングを受け、治療にかかる費用をトータルで出してもらいましょう。このとき確認しておきたい項目は次の通りです。

  • 初診料
  • 血液検査代
  • 麻酔代や消毒代
  • 脂肪吸引自体の費用
  • その施術でどれだけ脂肪を吸引できるか
  • 担当医師によって料金が変わるか
  • 痛み止めや抗生物質などの薬代
  • 圧迫下着等の料金
  • 抜糸時や再診時にかかる費用
  • 万が一トラブルが起きた場合にかかる費用(保証制度の有無)

これらの条件ををしっかり確認し、提示された金額をトータルしてみると、クリニックが提示しているものとは異なってくるかもしれません。
カウンセリング自体は、無料で行っているクリニックがたくさんあります。なるべく費用を抑えたいなら、複数のクリニックで話を聞き、じっくり比較して決めましょう。

部位別の脂肪吸引料金はここに気を付けよう

二の腕やお腹など、部位別に設定されている料金を無条件に信用していませんか?実はここにも落とし穴が潜んでいます。

例えば太ももの脂肪吸引を受ける場合、その範囲設定は曖昧です。太ももの内側のほんの一部分だけを吸引する施術を、「太ももの脂肪吸引」と表記して安く見せているクリニックもあります。このようなクリニックで太ももを全体的に補足しようとすると、外太ももと前部・後部が追加され、トータルの料金が跳ね上がる可能性があります。

また、太ももの脂肪だけを吸引したためにお尻や膝とのバランスが悪くなってしまい、これを修正するために余計な費用がかかった…というトラブルも。予想される追加費用や、他部位のバランスを考えた仕上がりについて、事前に指摘してくれないクリニックは少し警戒した方がいいでしょう。

脂肪吸引に保険は適用されるか

美容を目的とした脂肪吸引は、基本的に自由診療となるため、保険が適用されません。しかし、「肥満治療」の場合は健康保険の対象となる場合もあります。肥満が原因で高血圧や高脂血症と診断されていたり、ひざや腰に痛みがある方は、医師に相談してみてください。

安く脂肪吸引をしたいならモニター価格を狙おう

クリニックによっては、広告やホームページなどでモニターとして登場することを条件に、モニター価格として低料金で脂肪吸引を受けられることがあります。
そのクリニックの広告塔となるわけですから、経験の浅い医師が担当することはありません。より美しく、高い効果をアピールするために、経験豊富なベテラン医師が施術を行うことがほとんどです。特定の部位だけを吸引したために、他の部位とのバランスがおかしくなってしまうというリスクもないでしょう。
モニターは必ずできるというものではありません。モニター募集があっても、希望の部位とは違うということも考えられます。しかし失敗のない脂肪吸引を低価格で受けるためには、もっとも確実な方法と言えるでしょう。
写真の使用が大丈夫というのであれば、ぜひモニター募集を探してみてください。

  • 二の腕
  • 背中
  • ウエスト
  • お腹
  • お尻
  • 太もも
  • 膝まわり
  • ふくらはぎ(足)

痩せたい部位によって、治療方法が異なるって、ご存知でしたか?
あなたがスリムになりたい部位をチェック!

脂肪吸引の方法切る手術方法とは

吸引管で脂肪を吸引する治療法です。
最近では、皮膚の切開の範囲も小さくなり、その分身体への負担も軽くなっているんだとか…。
クリニックによって様々な機器や手法を用いて脂肪を吸引しているようですが、それぞれどんなリスクや効果が期待できるのでしょうか?
機器や手法ごとに分けて東京のクリニックをまとめてみました。

  • 機器や手法の違いをチェック
  • 切る脂肪吸引クリニックおすすめ5院

切らない手術方法とは

吸引管を使用せず、外からの刺激で脂肪を減らす治療法です。
最近では、アメリカの厚生省が痩せると認可しているハイテク技術を搭載したマシンまであり、身体への負担も軽く、治療後は普段通りに過ごせます。
クリニックによって様々なマシンがあるようですが、それぞれどんな効果が期待できるのでしょうか?

  • 機器や手法の違いをチェック
  • 切らない脂肪吸クリニックおすすめ5院

脂肪吸引クリニック選び3つの心得

大切なクリニック選び

クリニックならどこでも良いというわけではありません。
脂肪吸引の技術は、医師の腕次第で仕上がりに大きな差があるといわれています。

失敗者口コミ
  • 治療後、肌が凸凹になった…
  • 治療した肌のたるみがひどい…
  • 傷が治らない…

など…技術力の低い、不慣れな医師の治療はとてもリスクが高くなります。
このリスクを減らすために、正しいクリニックの選び方やおすすめできないクリニックの特徴をご紹介します。ぜひご参考にしてください。

クリニック選び3つの心得

東京の脂肪吸引クリニックを比較してみました!

切らない脂肪吸引おすすめクリニックはコチラ

切る脂肪吸引おすすめクリニックはコチラ