キレイに痩せる!脂肪吸引治療の受け方ガイド
切らない脂肪吸引おすすめクリニックはコチラ
切る脂肪吸引おすすめクリニックはコチラ

脂肪吸引の効果はどれくらいある?

切る脂肪吸引切らない脂肪吸引お悩みを解消するのはどっち?

診断スタート

簡単にダイエットができることで人気の脂肪吸引ですが、気になるのはやはり「効果」ですよね。
「興味はあるけれど、本当に効果はあるの?」「せっかく受けても効果がなかったら…」ということが気になって、脂肪吸引に踏み出せない方も多いのではないでしょうか。
そこで、脂肪吸引を受けて得られる効果について、体形別・部位別にまとめました。脂肪吸引で痩せるメカニズムや、効果を最大化させるための方法も紹介!
脂肪吸引を受ける前に、効果に関する不安や疑問を全部解決できますよ。ぜひ読んでみてくださいね。

脂肪吸引は確実に脂肪を落とせる

お腹周りをメジャーで測る女性

脂肪吸引を受ければ、少なくとも施術を受けた部位は確実に痩せます。なぜならば、太る原因となっている脂肪細胞の数を減らすのが脂肪吸引だからです。

太るという現象を正確に言うと、脂肪細胞が肥大化しているということです。脂肪細胞とは、脂肪を貯蔵しておく細胞のこと。脂肪の貯蔵量が増えると細胞が肥大化し、なおかつ脂肪細胞の数がどんどん増えていきます。つまり人は、無限に太ることができるのです。
また、一度増殖した脂肪細胞は、約10年にわたり体内で生き続けています。その間、どんなにダイエットをして痩せたとしても、脂肪細胞の数が減ることはありません。
脂肪吸引とは、本来ならば減らないはずの脂肪細胞の数を、医学的な処置によって減らす施術のこと。よって脂肪吸引を受けて痩せないということは、ぜったいにないのです。

なお、運動や糖質制限などによるダイエットの場合でも、計画的に行なえば確実に痩せることができます。ただし、これらのダイエットで脂肪細胞の数を減らすことはできません。ダイエットとは、肥大化した脂肪細胞を縮小させているだけのこと。本人がダイエットを中止すれば、あっという間にリバウンドしてしまうことでしょう。

部分痩せに効果絶大

運動や食事制限などのダイエットをする場合、体全体の脂肪がまんべんなく落ちていきます。お腹の脂肪を集中的に落とす、といったコントロールが難しいのが難点です。
しかし脂肪吸引は、狙った部分の脂肪だけを確実に取り除ける痩身法。部分痩せやボディラインの調整に最適です。「二の腕だけ細くしたい」「下半身太りを改善したい」「痩せたいけど胸の脂肪は落としたくない」といった人は、脂肪吸引が向いているといえます。

見た目の痩身効果は体形によって異なる

脂肪吸引を受ける前の体型によって、得られる効果に違いがあります。そこで、脂肪吸引を受けることで得られる効果を、肥満型・標準型・やせ型の3つの体型別にまとめてみました。

肥満型(体脂肪率30%以上)

施術前よりも確実に細くなることはできますが、脂肪吸引だけでは美しいボディラインに近づけないのが肥満型の人。施術を受けた後も、暴飲暴食・タバコ・運動不足といった生活習慣を改善し、たるんだ皮膚をケアする必要があります。

標準型(体脂肪率17~27%程度)

余分な脂肪を取り除くことで、やせ型の人のような体型になれます。「太ももだけもう少し細かったら痩せて見えたのに…」「二の腕のせいで全体的にゴツく見えてしまう」といったピンポイントな悩みを抱えている人も、脂肪吸引によって見た目のイメージが変わるかもしれません。

やせ型(体脂肪率17%未満)

やせ型の人は吸引できる脂肪の量が少ないものの、ボディラインの改善効果が期待できるでしょう。脂肪吸引後にインナーマッスルを鍛えると、よりメリハリのあるボディを手に入れられます。

脂肪吸引の部位別の効果は?

二の腕

二の腕は、脂肪吸引によって目に分かる効果を得やすい部位です。水平にしたときに垂れ落ちる部分が引き締まり、腕を下におろした時に外側に張り出すお肉がすっきりします。洋服を着た状態で変化がしっかり感じられるでしょう。
華奢な上半身になりたいという人におすすめです。

背中

背中はもともと脂肪がつきにくいため、脂肪吸引によって目に分かる効果はそれほど大きくありません。
ただし、腕を下した状態で後方に張り出す脂肪がすっきりするなど、洋服を着た時に効果を実感できることが多いです。

お腹

お腹は他の部位と比べても、脂肪吸引の効果がとても分かりやすい部位です。もともと脂肪が多いため、大量に脂肪を吸引でき、見た目の変化に繋がります。
ぽっこりした下腹部は、脂肪吸引だけで解消することは難しいですが、筋肉も同時に鍛えることで効果が得られます。
比較的脂肪が多めについているという人でも、生活改善の実施や複数回の施術によって、普通体形に近づくことができるでしょう。

ウエスト

脂肪吸引の真骨頂ともいえるのがウエストです。元の体形がそれほど太くない人であれば、脂肪吸引によって美しいくびれを作ることができます。
やせ形なのに寸胴という人も、くびれをつくってきれいなシルエットになれるでしょう。
脂肪吸引後に腹筋を鍛えることで、さらに効果を高めることが可能です。

お尻

お尻の脂肪吸引は、比較的はっきりとした効果が得られます。お尻が全体的に小さくなるほか、たるみが解消され上向きになったり、台形の形が綺麗な丸みを帯びた形に変わることも。
ボトムスを履いたときにも効果を実感しやすく、サイズが2サイズ分ダウンしたという例も少なくありません。

太もも

太ももは脂肪がつきやすいため、脂肪吸引によって得られる効果も大きい部位です。
外側に張り出す脂肪がすっきりし、見た目にもかなり細くなったことが分かるでしょう。
体形によっては、足を閉じて立ったときに股間に隙間ができるようになります。

ふくらはぎ

ふくらはぎは、脂肪吸引の効果が出るまでに比較的時間のかかりやすい部位です。効果が出るまでは気長に待ちましょう。
また、もとから脂肪の量が少ないため、他の部位に比べて施術前後の見た目の変化が小さい部位でもあります。
しかし確実に細くなりますので、運動や食事制限といったほかのダイエット方法に比べると効果は大きいといえるでしょう。

顔(頬・顎)

顎の脂肪吸引で二重顎が解消されたり、頬から顎にかけての脂肪吸引でフェイスラインを引き締め小顔にする効果があります。また、フェイスラインがすっきりすることで首が長く見えるという効果も。
第一印象を左右する顔なので、脂肪吸引をすることでかなり「痩せた」という印象をもたらしてくれるでしょう。
ただし、顔の骨格によってはあまり変化が感じられないことがあります。

脂肪吸引の痩身効果の持続性

一般的なダイエットと違い、脂肪吸引は脂肪細胞の数を減らす施術です。脂肪が入る場所自体を取り除くといったイメージです。そのため、1度受けてしまえばリバウンドの心配もなく、効果が半永久的に持続すると言われています。
ただし、残っている脂肪細胞が今まで以上に大きくなると、施術前よりも太ってしまうこともあるため、常に体型維持を意識してください。

脂肪吸引の効果を最大限に高める方法とは

野菜

脂肪吸引は確実に細くなれる方法ですが、その効果を最大化させるためにできることがいくつかあります。
施術を受けた後は次のことに気を付けて、日常生活を送ってみてください。

適切な圧迫固定

脂肪吸引によって脂肪細胞が減ると、各脂肪細胞の隙間に線維組織が入り込もうとします。線維組織が入り込んでしまうと、せっかく脂肪細胞の数を減らしたにも関わらず痩身効果が小さくなってしまいます。
この線維組織の侵入を食い止めるために必要なのが圧迫固定。固定することで脂肪細胞と脂肪細胞の間に隙間を作らないようにして、線維組織の侵入を防ぎます。一定期間の適切な圧迫固定によって脂肪細胞同士が密着すると、線維組織が入り込む隙間がなくなり痩身効果へとつながります。
圧迫をしないことはもとより、圧迫の位置がズレていても痩身効果は下がります。医師から指導を受けた適切な固定を維持するようにしましょう。

食事改善

脂肪吸引とは、すべての脂肪細胞を吸引する施術ではありません。一部の脂肪細胞を吸引し、一部の脂肪細胞を体内に残す施術です。よって脂肪吸引後、理想的なプロポーションになったからと言って油断して食べ過ぎると、体内に残った脂肪細胞の肥大化が始まります。
もちろん、脂肪細胞が肥大化したとしても脂肪細胞の数自体は減っているため、短期間における大きなリバウンドはありません。しかし、小さなリバウンドは出てくるでしょう。そして、やがて脂肪細胞の増殖が始まり、ふたたび元の姿へと戻る恐れがあります。
たとえ脂肪吸引を受けたとしても、長く理想的な体型を維持するために、食べ過ぎには注意しましょう。

水分とタンパク質の補給

脂肪吸引後の体内では、水分やタンパク質が失われた状態になります。その一方で、傷ついた組織を回復させるために、水分やタンパク質が欠かせません。そのため、術後2週間は意識的に水分とタンパク質を補給してください。
また、タンパク質は基礎代謝量を上げるために欠かせない物質です。術後にタンパク質が減ると、脂肪は取り除けても基礎代謝量が減り、太りやすい体質となってしまいます。そのため、他の部位が太ってバランスが悪い…ということを避けるためにも、タンパク質が重要なのです。

運動・筋トレ

「運動ができないから脂肪吸引を受けるのに」という人も多いかもしれませんが、より脂肪吸引の効果を高めるためには運動や筋トレが欠かせません。もちろん、ダウンタイムが過ぎて痛みがなくなってからで構いませんので、少しずつできることから始めてみてください。
お腹やウエストを吸引したなら腹筋、お尻や太ももを吸引したならスクワットといったように、施術部位に合ったトレーニングを続けることで、より美しい体形になれますよ。

脂肪吸引で見た目も生活も生まれ変わろう

いかがでしたか?「どんなに努力してダイエットをしても痩せられなかった」という人もいれば、「食べるのがやめられないから」「運動は嫌だから」「楽して痩せたいから」と脂肪吸引を選ぶ方も多いかもしれません。
しかし、せっかく意を決して、安くない施術を受けるのですから、これを機にもう少し生活改善を意識してみませんか?脂肪吸引の効果を最大化させるために、できるかぎりのことを頑張って、理想の体型を手に入れてくださいね。

  • 二の腕
  • 背中
  • ウエスト
  • お腹
  • お尻
  • 太もも
  • 膝まわり
  • ふくらはぎ(足)

痩せたい部位によって、治療方法が異なるって、ご存知でしたか?
あなたがスリムになりたい部位をチェック!

脂肪吸引の方法切る手術方法とは

吸引管で脂肪を吸引する治療法です。
最近では、皮膚の切開の範囲も小さくなり、その分身体への負担も軽くなっているんだとか…。
クリニックによって様々な機器や手法を用いて脂肪を吸引しているようですが、それぞれどんなリスクや効果が期待できるのでしょうか?
機器や手法ごとに分けて東京のクリニックをまとめてみました。

  • 機器や手法の違いをチェック
  • 切る脂肪吸引クリニックおすすめ5院

切らない手術方法とは

吸引管を使用せず、外からの刺激で脂肪を減らす治療法です。
最近では、アメリカの厚生省が痩せると認可しているハイテク技術を搭載したマシンまであり、身体への負担も軽く、治療後は普段通りに過ごせます。
クリニックによって様々なマシンがあるようですが、それぞれどんな効果が期待できるのでしょうか?

  • 機器や手法の違いをチェック
  • 切らない脂肪吸クリニックおすすめ5院

脂肪吸引クリニック選び3つの心得

大切なクリニック選び

クリニックならどこでも良いというわけではありません。
脂肪吸引の技術は、医師の腕次第で仕上がりに大きな差があるといわれています。

失敗者口コミ
  • 治療後、肌が凸凹になった…
  • 治療した肌のたるみがひどい…
  • 傷が治らない…

など…技術力の低い、不慣れな医師の治療はとてもリスクが高くなります。
このリスクを減らすために、正しいクリニックの選び方やおすすめできないクリニックの特徴をご紹介します。ぜひご参考にしてください。

クリニック選び3つの心得

東京の脂肪吸引クリニックを比較してみました!

切らない脂肪吸引おすすめクリニックはコチラ

切る脂肪吸引おすすめクリニックはコチラ