キレイに痩せる!脂肪吸引治療の受け方ガイド
切らない脂肪吸引おすすめクリニックはコチラ
切る脂肪吸引おすすめクリニックはコチラ

脂肪吸引で失敗したときの
修正法はある?

切る脂肪吸引切らない脂肪吸引お悩みを解消するのはどっち?

診断スタート

もし脂肪吸引で失敗してしまったら修正はできるのでしょうか? ここでは、脂肪吸引施術を受けて起こりうる失敗パターン別に、修正術を解説します。

脂肪吸引にも失敗は起こりうる

脂肪吸引の施術自体は、決して難しいわけではありません。でも、数ヶ月後の美しい仕上がりをイメージして施術を行なうには、医師に豊富な経験や技術力、センスなどが必要となります。そのため、経験不足の医師が脂肪吸引を行なうと、最悪の場合、失敗する恐れもあります。

脂肪吸引で起こりがちな失敗例は次の3つ。

  • 脂肪吸引を受けた部位がデコボコになった
  • 細くなった気がしない
  • 傷跡が盛り上がって黒ずんで定着した

これら3つの失敗例について、修正施術の方法も交えて詳しく解説します。

脂肪吸引を受けた部位がデコボコになったときの修正法

脂肪吸引後、施術を受けた部位がデコボコになってしまうことがあります。ただし、これは必ずしも失敗とは言えないので、しばらく様子を見る必要があります。
術後3ヶ月ほどは硬縮期と言い、体の生理反応からデコボコが生じる場合があります。硬縮期を過ぎるまでマッサージなどを施しながら、状態の変化を見守るようにしましょう。

硬縮期を過ぎてもデコボコが見られる場合は、脂肪の取りムラがある可能性があります。脂肪を取り過ぎてしまった部分と、脂肪を取り足りなかった部分とが混在している状態です。この状態になると、脂肪吸引は「失敗した」と考えて良いでしょう。失敗の原因は、医師の技術力・経験の不足です。

脂肪の取りムラによるデコボコが生じた場合には、たとえば以下のような修正術を行ないます。

  • 脂肪を取り過ぎた部分…脂肪注入法
  • 脂肪を取り足りなかった部分…メソセラピー、ベイザーリポなど

失敗の程度が軽微だった場合は、1回の施術のみで修正が終わることもあります。ただし、失敗の程度が著しかった場合は、複数回の修正施術が必要となる場合もあります。

細くなった気がしないときの修正法

脂肪吸引による痩身効果は、すぐに現れるものではありません。数ヶ月という長い期間を経て、徐々に理想の形に仕上がっていくのが脂肪吸引です。その点については、施術前のカウンセリングで十分に説明を受けているはずです。
ところが中には、施術1ヶ月後くらいに「細くなった気がしない」と焦りを感じる患者もいるようです。改めて理解していただきたいのですが、施術から1ヶ月で痩身効果を実感することは、ほとんどありません。むしろ腫れやむくみが生じ、施術前よりも太くなってしまったと実感する人もいるくらいです。術後は、腫れ、むくみ、硬縮などが消滅するまでの3ヶ月程度は、焦らずに様子を見ましょう。

硬縮期を経ても「細くなった気がしない」のであれば、失敗の可能性があります。医師の経験不足・技術力不足を原因とした、脂肪の取り残しが原因でしょう。

明らかに脂肪の取り残しが原因で痩身効果を実感できなかった場合、改めて施術部位の圧迫方法の指導などを行ないます。それでもなお痩身効果が実感できない場合には、再度、脂肪吸引を行なって理想の形へと修正していきます。

傷跡が残ってしまったときの修正法

脂肪吸引を受けてからしばらくの間は、切開・縫合した部分が傷口として残ります。その後も僅かながら傷口は残りますが、人目が気になるほどの目立った傷跡として残ることは、通常、ありません。
ところが脂肪吸引を受けてからしばらく経っても、傷口が目立ったままの人がいます。「なかなか傷口が治りにくい」という人もいれば、「縫合した部分が盛り上がってしまった」という人、また「縫合した部分が黒ずんで定着してしまった」という人もいます。

まず、単に「なかなか傷口が治りにくい」という人の場合は、日常生活に対する指導だけで改善することがあります。傷口が治りにくい原因は、摩擦。縫合した傷口になるべく摩擦が加わらないよう、医師から生活指導をします。どうしても摩擦が避けられない仕事等をしている人に対しては、傷口専用のプロテクターなどを提供することもあります。

また、「縫合した部分が盛り上がってしまった」という人に対しては、該当部位を外科的に施術し、再縫合するという方法が採られることがあります。あるいはステロイド注射を複数回施すこともあります。

「縫合した部分が黒ずんで定着してしまった」という人の場合も、同じく外科手術によって該当部位を施術・再縫合する方法が採られることがあります。黒ずみの症状によっては、切除することなく内服薬や塗り薬で症状が治まる場合もあります。

縫合部分のトラブルについては、多分に医師の縫合技術の不足が原因と言われています。失敗を避けるためには、経験豊富な信頼できるクリニックを選ぶことが大切です。

  • 二の腕
  • 背中
  • ウエスト
  • お腹
  • お尻
  • 太もも
  • 膝まわり
  • ふくらはぎ(足)

痩せたい部位によって、治療方法が異なるって、ご存知でしたか?
あなたがスリムになりたい部位をチェック!

脂肪吸引の方法切る手術方法とは

吸引管で脂肪を吸引する治療法です。
最近では、皮膚の切開の範囲も小さくなり、その分身体への負担も軽くなっているんだとか…。
クリニックによって様々な機器や手法を用いて脂肪を吸引しているようですが、それぞれどんなリスクや効果が期待できるのでしょうか?
機器や手法ごとに分けて東京のクリニックをまとめてみました。

  • 機器や手法の違いをチェック
  • 切る脂肪吸引クリニックおすすめ5院
切らない手術方法とは

吸引管を使用せず、外からの刺激で脂肪を減らす治療法です。
最近では、アメリカの厚生省が痩せると認可しているハイテク技術を搭載したマシンまであり、身体への負担も軽く、治療後は普段通りに過ごせます。
クリニックによって様々なマシンがあるようですが、それぞれどんな効果が期待できるのでしょうか?

  • 機器や手法の違いをチェック
  • 切らない脂肪吸クリニックおすすめ5院
脂肪吸引クリニック選び3つの心得
大切なクリニック選び

クリニックならどこでも良いというわけではありません。
脂肪吸引の技術は、医師の腕次第で仕上がりに大きな差があるといわれています。

失敗者口コミ
  • 治療後、肌が凸凹になった…
  • 治療した肌のたるみがひどい…
  • 傷が治らない…

など…技術力の低い、不慣れな医師の治療はとてもリスクが高くなります。
このリスクを減らすために、正しいクリニックの選び方やおすすめできないクリニックの特徴をご紹介します。ぜひご参考にしてください。

クリニック選び3つの心得

東京の脂肪吸引クリニックを比較してみました!

切らない脂肪吸引おすすめクリニックはコチラ

切る脂肪吸引おすすめクリニックはコチラ