キレイに痩せる!脂肪吸引治療の受け方ガイド
切る脂肪吸引切らない脂肪吸引お悩みを解消するのはどっち?

診断スタート

脂肪吸引はガンコな脂肪が手軽に落とせる美容施術です。しかし、施術のなかには高いリスクを伴うものも。このページでは脂肪吸引を受けたときに起き得る健康被害のリスクと、危険性の低い脂肪吸引についてまとめています。効果だけでなくリスクもしっかり押さえたうえで施術を検討しましょう。

健康を損なってしまう脂肪吸引のリスク

脂肪吸引で起こり得る健康リスクを見ていきましょう。

皮膚がケロイド化する

脂肪吸引のなかでも、切開を伴う「切る脂肪吸引」を受けた際に起こる可能性のある合併症が皮膚のケロイド化です。医師の技量が低く、切開した箇所の傷あとがケロイド状になってしまうケースと切開箇所から入り込んだ細菌が原因で化膿してケロイド状になるケースとがあります。

血腫ができる

施術した箇所やその周辺に血が溜まってしまい「血腫」と呼ばれる状態になることがあります。溜まった血を体外に出すため、ドレーンチューブという管を施術箇所に通して対応する場合もあるそうです。

感覚異常

手術後、どれだけ時間がたっても痛みやしびれが取れない感覚異常が起こる可能性があります。手術時に神経を傷つけてしまった結果、感覚異常が起きているかもしれないので、痛みやしびれが長引くようなら担当の医師に相談しましょう。手術を行った医師が信用できないと感じた場合にはセカンドオピニオンを受けることをおすすめします。

脂肪塞栓

脂肪吸引の際に、結合がゆるまった脂肪組織が血管に入り込み血流を妨げる血栓症を引き起こしてしまうリスクがあります。血栓症は肺で起きると「肺塞栓」、脳で起きると「脳塞栓」と呼ばれ、いずれの場合も死に至ることもある危険な現象です。対処が遅れると後遺症のリスクも高まるので、脂肪吸引後は自分の体調に気を付けて早期発見できるようにしましょう。

感染症

メスを使って手術する「切る脂肪吸引」だと感染症のリスクは避けられません。傷口から様々な菌が入り込み、感染症を引き起こされる可能性があります。脂肪吸引はカニューレ挿入の傷や吸引時の内臓組織が損傷した箇所など、細菌が入り込みやすい傷が多くできる美容施術です。信頼できる医師に施術を頼んだり事前に利用者の口コミをチェックしたりして安全確認に努めましょう。

麻酔によるアレルギー症状

手術時に使用される麻酔によってアレルギー症状が起きる場合があります。手術で使用される麻酔は大きく分けると4種類。手術する部位だけに作用させる局所麻酔、脊髄を覆う膜のあたりに麻酔を打ち込む硬膜外麻酔、静脈に麻酔を点滴する静脈麻酔、そして中枢神経に麻酔を作用させることで完全に意識を失わせる全身麻酔です。なかでも全身麻酔でアレルギーを起こすと強く症状が出てしまい命に関わることも。手術前に自分の持つアレルギーについて理解し、担当医に伝えておきましょう。

多量の出血

手術時の止血が適切でないと、多量の出血によりショック症状や貧血が引き起こされる可能性があります。脂肪吸引のなかにも出血量が多い施術とそうでないものがあるので、出血量の多い施術を受けたい場合は信頼できるクリニックや医師を慎重に選びましょう。

内臓の損傷

腹部の脂肪吸引を行うとき、挿入するカニューレが内臓を傷つけてしまうことがあり、死亡事故も起きています。腹膜を損傷する事例が特に多いようです。

脂肪吸引のリスクを回避するには?

一歩間違うと健康に甚大な被害を受けてしまうこともある脂肪吸引。安全に施術を受けるにはどんなことに気を付ければいいのでしょうか?
脂肪吸引のリスクを回避する方法についてまとめました。

技術力あるクリニックを選ぶ

脂肪吸引は医師の技量によって結果に大きな差が出る施術です。腕の悪い医師だとカニューレ挿入時に内臓を傷つけてしまったり止血がうまくできていなかったりして、合併症や後遺症を引き起こしてしまいます。
また、どれだけ脂肪吸引施術の技術が長けている医師でも、ミスを起こしてしまう可能性はゼロではありません。安全を考えるなら、もしもの事態が起きたときに対応できる処置技術も持っている医師のところで施術を受けるべきです。
腕利きの医師がいるだけではまだ安心できません。しっかりとした医療設備が揃っているクリニックでないと、脂肪吸引と応急処置の技術を持った医師でもその実力を発揮しきれません。
高い医療技術を持った医師がいて、その医師が存分に腕を振るえる設備の揃ったクリニックで脂肪吸引を受ければ、施術のリスクを抑えられるでしょう。

切らない脂肪吸引を選ぶ

脂肪吸引には「切るタイプ」と「切らないタイプ」の2種類があります。切るタイプの脂肪吸引はメスで大きく切開するので、どうしても感染症や合併症のリスクが切らないタイプより高くなっていまいます。
切らないタイプの脂肪吸引にも施術方法や使用される医療機器は複数あり、それを扱う医師の技量も様々なので、一概に「切らない脂肪吸引だから絶対に安全」ということはできません。しかし、合併症や感染症の危険性が高まる「切開」をしない分、切らない脂肪吸引の方がリスクが低いのは明らかです。
「脂肪吸引が気になるけれどリスクが怖くてなかなか一歩踏み出すことができない」という方は切らないタイプの脂肪吸引をチェックしてみてはいかがでしょうか。

  • 二の腕
  • 背中
  • ウエスト
  • お腹
  • お尻
  • 太もも
  • 膝まわり
  • ふくらはぎ(足)

痩せたい部位によって、治療方法が異なるって、ご存知でしたか?
あなたがスリムになりたい部位をチェック!

脂肪吸引の方法切る手術方法とは

吸引管で脂肪を吸引する治療法です。
最近では、皮膚の切開の範囲も小さくなり、その分身体への負担も軽くなっているんだとか…。
クリニックによって様々な機器や手法を用いて脂肪を吸引しているようですが、それぞれどんなリスクや効果が期待できるのでしょうか?
機器や手法ごとに分けて東京のクリニックをまとめてみました。

  • 機器や手法の違いをチェック
  • 切る脂肪吸引クリニックおすすめ5院

切らない手術方法とは

吸引管を使用せず、外からの刺激で脂肪を減らす治療法です。
最近では、アメリカの厚生省が痩せると認可しているハイテク技術を搭載したマシンまであり、身体への負担も軽く、治療後は普段通りに過ごせます。
クリニックによって様々なマシンがあるようですが、それぞれどんな効果が期待できるのでしょうか?

  • 機器や手法の違いをチェック
  • 切らない脂肪吸クリニックおすすめ5院

脂肪吸引クリニック選び3つの心得

大切なクリニック選び

クリニックならどこでも良いというわけではありません。
脂肪吸引の技術は、医師の腕次第で仕上がりに大きな差があるといわれています。

失敗者口コミ
  • 治療後、肌が凸凹になった…
  • 治療した肌のたるみがひどい…
  • 傷が治らない…

など…技術力の低い、不慣れな医師の治療はとてもリスクが高くなります。
このリスクを減らすために、正しいクリニックの選び方やおすすめできないクリニックの特徴をご紹介します。ぜひご参考にしてください。

クリニック選び3つの心得

東京の脂肪吸引クリニックを比較してみました!

切らない脂肪吸引おすすめクリニックはコチラ

切る脂肪吸引おすすめクリニックはコチラ