キレイに痩せる!脂肪吸引治療の受け方ガイド
切らない脂肪吸引おすすめクリニックはコチラ
切る脂肪吸引おすすめクリニックはコチラ

キレイに痩せる!脂肪吸引治療の受け方ガイド > 脂肪吸引に関する基礎知識 > そもそも脂肪って?知っておきたい脂肪の基礎知識

そもそも脂肪って?
知っておきたい脂肪の基礎知識

切る脂肪吸引切らない脂肪吸引お悩みを解消するのはどっち?

診断スタート

美容のためのダイエット経験のある方はもちろん、ダイエットをしていない方でも「体脂肪」や「体脂肪率」などの言葉を耳にするようになってきました。そもそも「脂肪」とは何なのでしょうか。「脂肪にも種類がある?」「本来の働きはなに?」など脂肪に関する基礎知識をまとめました。ダイエットをはじめる前にまず脂肪について詳しく知り、自分に必要な対策は何かを知っておきましょう。

脂肪とは

脂肪とは、全身の細胞をつくる成分のひとつです。コクがあり油分を含むものほどおいしく感じてしまうのは、身体が糖分や脂肪を求めているから。糖分や脂肪は、人間が生きていくために必要な基本的な栄養素です。脂肪は1グラムで約9kcalのエネルギーをつくり出すことができます。

そのエネルギーは体温を保ったり内臓を動かしたりすることに使われるのです。同じエネルギーを炭水化物やたんぱく質でつくり出そうとすると、脂肪の2倍の量が必要と言われています。いわば脂肪は、少ない量で大きなエネルギーをつくり出してくれる「効率的な燃料」。人間はいざというときにエネルギーが不足しないように、身体のあちこちに蓄える機能を持っています。しかし脂質や糖質が豊富な食事をいつでもとれるようになった今、脂肪を摂りすぎては消費できずに蓄えてしまっている状態になっているのが現代人です。身体についた脂肪は、人間が豊かで贅沢になった証拠とも言えるのです。

脂肪の種類

脂肪は、ついている箇所によって大きく4種類に分けることができます。

体脂肪

体脂肪とは、体内にあるすべての脂肪の総称です。主に脂肪細胞に蓄えられており、体温を保つ役目や内臓を衝撃から守る役割を持っています。また女性にとって体脂肪は、妊娠や出産に不可欠ですが必要以上に体に脂肪がついてしまうと身体に害をもたらす恐れがあるのです。内臓に脂肪がつきすぎてしまうと動脈硬化や高血糖や高血圧など、生活習慣病になる危険性が高まると言われています。また女性の場合は月経異常を発症してしまうこともあるので注意が必要です。

中性脂肪

中性脂肪はその名のとおり、アルカリ性でも酸性でもない中間の性質を持っている脂肪。小腸から吸収されて血液中に取り込まれて、身体を動かすエネルギーのもとになるものです。取り入れたエネルギーが消費しきれないと、人間の身体はいざというときのために備えをはじめます。余ったエネルギーは肝臓で中性脂肪に分解されて脂肪細胞に蓄えられるのです。血液中に中性脂肪が増えると、脂質異常の状態になり、血管の動脈硬化が進む原因になってしまいます。

皮下脂肪

皮膚の下についている脂肪のことです。お腹を触った時に指でつまめるのが特徴。ダイエットをした経験のある方なら気にしている人が多い脂肪です。本来、皮下脂肪は身体の外部からの衝撃を守り、体温を保つ役割を担っています。カロリーを摂りすぎたり運動不足になったりすると基礎代謝が低下。その結果脂肪が蓄積されてしまうのです。皮下脂肪はつきやすく落ちにくいと言われています。一度ついてしまった皮下脂肪を落とすためには運動したり、カロリー制限をしたりして、少しずつ脂肪を燃焼させなければなりません。

内臓脂肪

臓器の中に脂肪がたまるイメージをしてしまいがちですが、内臓脂肪は腸を覆っている腸間膜の周りについた脂肪を指します。内臓脂肪は筋肉量が多い男性に多いと言われています。筋肉を動かすためのエネルギーは、内臓に蓄えられる傾向があるためです。内臓脂肪は過剰に蓄えられると健康にも影響を及ぼすもの。生活習慣病を引き起こすメタボリックシンドロームという言葉も有名になりました。ですが実は内臓脂肪は皮下脂肪に比べて落としやすいと言われています。運動や筋トレをすると内臓脂肪から先に使われていくためです。適度な運動を日々続けることは、内臓脂肪を落とすために有効な手段であることがわかりますね。

脂肪の燃焼

脂肪はすぐに落とせる?

むやみに食事制限でカロリーを減らしても、すぐに脂肪が燃焼することはありません。また、一度皮下脂肪として蓄えられてしまった脂肪は、短期間で落とすのは難しいと言われています。ボディラインにお肉がついてしまったために好きな服を着られなくなるのはイヤですよね。そうならないためにも、日々の運動で身体の代謝を上げて、脂肪を分解しやすい身体づくりを続けることが大切です。

短期間で確実に「見た目の脂肪を減らしたい」と考えている方には、適度な運動や食事の継続に加えて、脂肪そのものに直接作用し脂肪を減少させる方法がおすすめです。美容医療の世界では、身体に負担の少ない方法で高い効果を得られる痩身機器が日々開発されています。まずは信頼できるクリニックに相談して、自分が悩んでいる部位や身体の状態に合った最新の治療法を選んでもらいましょう。

痩せたい部位で脂肪吸引の方法を選ぶ

  • 二の腕
  • 背中
  • ウエスト
  • お腹
  • お尻
  • 太もも
  • 膝まわり
  • ふくらはぎ(足)

痩せたい部位によって、治療方法が異なるって、ご存知でしたか?
あなたがスリムになりたい部位をチェック!

脂肪吸引の方法切る手術方法とは

吸引管で脂肪を吸引する治療法です。
最近では、皮膚の切開の範囲も小さくなり、その分身体への負担も軽くなっているんだとか…。
クリニックによって様々な機器や手法を用いて脂肪を吸引しているようですが、それぞれどんなリスクや効果が期待できるのでしょうか?
機器や手法ごとに分けて東京のクリニックをまとめてみました。

  • 機器や手法の違いをチェック
  • 切る脂肪吸引クリニックおすすめ5院

切らない手術方法とは

吸引管を使用せず、外からの刺激で脂肪を減らす治療法です。
最近では、アメリカの厚生省が痩せると認可しているハイテク技術を搭載したマシンまであり、身体への負担も軽く、治療後は普段通りに過ごせます。
クリニックによって様々なマシンがあるようですが、それぞれどんな効果が期待できるのでしょうか?

  • 機器や手法の違いをチェック
  • 切らない脂肪吸クリニックおすすめ5院

脂肪吸引クリニック選び3つの心得

大切なクリニック選び

クリニックならどこでも良いというわけではありません。
脂肪吸引の技術は、医師の腕次第で仕上がりに大きな差があるといわれています。

失敗者口コミ
  • 治療後、肌が凸凹になった…
  • 治療した肌のたるみがひどい…
  • 傷が治らない…

など…技術力の低い、不慣れな医師の治療はとてもリスクが高くなります。
このリスクを減らすために、正しいクリニックの選び方やおすすめできないクリニックの特徴をご紹介します。ぜひご参考にしてください。

クリニック選び3つの心得

東京の脂肪吸引クリニックを比較してみました!

切らない脂肪吸引おすすめクリニックはコチラ

切る脂肪吸引おすすめクリニックはコチラ