キレイに痩せる!脂肪吸引治療の受け方ガイド
切る脂肪吸引切らない脂肪吸引お悩みを解消するのはどっち?

診断スタート

太もも

太ももで脂肪がつきやすい部分は内側です。太ももの内側は、日常的な運動では引き締まることが難しいからです。
一方、太もも外側の脂肪は体質的な問題が大きいようですが、こちらも普段の運動では痩せることが難しい部位です。

他にスポーツをしていた方に多いのが、太もも前側にはり出した脂肪です。
これは、昔運動によってつけた筋肉が減り、その部分に脂肪がつくためです。

太ももの脂肪を効率的に落とすには脂肪吸引がオススメ

太ももの脂肪を落として確実に細くなりたいなら脂肪吸引がおすすめです。脂肪吸引は、短期間で確実に太ももの脂肪を取れる方法で、脂肪細胞そのものを取り除く行為です。人間の体の中にある脂肪細胞には限りがあり、一度取り除いてしまうと、新たにつくり出されることはありません。そのため脂肪吸引のあと、太ももがリバウンドして再度太くなってしまう可能性が極めて低いのが特徴です。確実に太ももの脂肪を取りたい方は、まずは脂肪吸引を行なっている専門医に相談してみるとよいでしょう。

脂肪吸引には皮膚を切り、カニューレと呼ばれる管を太ももに入れて直接脂肪を吸い出す「切る脂肪吸引」と、医療機器そのものの技術や薬剤の注入だけで脂肪を破壊・溶解する「切らない脂肪吸引」があります。

切る脂肪吸引では、まれに施術部位に凹凸が出来てしまったり脂肪を取りすぎてバランスが悪くなってしまったりすることがあります。また大部分の脂肪を取ることで「たるみ」ができてしまうこともあり、術後のトラブルを抱える方が少なくないのも事実です。太もものラインは美しいボディラインに置いて欠かせない部位。脂肪吸引に興味のある方は、比較的安全でリスクの低い「切らない脂肪吸引」を検討することをおすすめします。できるだけ身体に負担のかからない方法で、なめらかな美しい太ももを手に入れたいものですね。

太ももの脂肪吸引でおすすめの切らない施術は?

一般に太ももは脂肪が多い部位。そのため、脂肪を多めに吸引しなければ、見た目には大きな違いが実感できない可能性があります。そこで、太ももの切らない施術としておすすめなのがライポソニックス。皮下1.3cmの脂肪を中心に、大胆に脂肪細胞を除去していきます。

ライポソニックス

ライポソニックスの脂肪吸引のメカニズムは、超音波の熱エネルギーによる脂肪細胞の破壊。熱の力で脂肪を「溶かす」のではなく、熱の力で脂肪細胞を「壊す」点がポイント。一度壊された脂肪細胞は二度と再生することがないため、施術を受けることでリバウンドの恐れの少ない理想的な太ももが手に入ります。
施術回数は基本的に1回。繰り返し施術が必要な他の方法とは異なって、1回の施術で済む分、コスト面でも優位です。
なお、ライポソニックスは一定の厚み(2.5cm以上)のある脂肪だけを対象とした痩身マシン。よって、細めの太ももには施術ができない可能性があるので注意してください。

太ももの脂肪吸引でおすすめの切る施術は?

切る脂肪吸引でおすすめしたい施術がボディジェット。安全性が高く、しかも大きな脂肪も効率的に除去でき施術ということで、今や日本中の多くの美容クリニックで提供している脂肪吸引手術になります。

ボディジェット

ボディジェットとは、カニューレの先から発射されるジェット水流によって脂肪を溶解させるマシン。水流の中には麻酔や止血薬剤、脂肪溶解液などが混合されています。
脂肪を吸引する前に、ジェット水流の力で脂肪細胞と他の組織とが分離されるため、他の組織へのダメージが少ないことが特徴。アメリカFDA(日本の厚生労働省にあたる機関)から安全性の認可も得ています。
ボディジェットは、現在ある脂肪吸引手術の中でも比較的メジャーな部類に属しますが、医師の力量によって仕上がりに差が出やすい施術とも言われています。慎重にクリニックを選ぶようにしましょう。

傷跡はどこに残るの?

太ももの脂肪吸引でメスやカニューレを入れる場所は、クリニックやその人の脂肪の付き方などによって異なります。しかし、人の目にあまり触れない箇所や、目立たない箇所を選んで切開するので、傷が残ることはほとんどありません。特に足の付け根や股関節といった下着で隠れる箇所に入れることが多く、傷がついていても日常生活で気づかれないでしょう。

ただ、メスを入れる以上、どうしても傷跡が残ってしまうリスクが発生します。通常の脂肪吸引では徐々に傷跡は薄くなっていきますが、まれに傷跡が残ってしまったり、切開した箇所が色素沈着を起こしてしまったりする場合も考えられます。「絶対に傷跡をつけたくない」という方は慎重に検討し、リスクを理解してから施術を受けましょう。

太ももの脂肪吸引の流れ

カウンセリング・デザイン

太ももをどれくらい細くしたいか、どの部分からどれだけ脂肪を吸引するのかを、医師と話し合って決めていきます。立った状態で太ももの形や脂肪の付き方を確認しながら、マーカーで目印となる線を入れていきます。

麻酔

切る脂肪吸引の場合、まずは静脈麻酔を行います。これは点滴で眠った状態にするものです。太ももに対しては局所麻酔を施します。これによって、意識のない状態で太ももの脂肪吸引が受けられるのです。
切らない脂肪吸引の場合、基本的に痛みはありませんので、麻酔も行われません。ただし、どうしても気になる場合は、医師と相談して麻酔クリームなどを塗布してもらうこともできます。

消毒・切開

カニューレ(脂肪を吸引するための細い金属の管)を挿入する部分を消毒し、皮膚を切っていきます。切開する部分は吸引個所やクリニックによって異なりますが、基本的には傷が目立ちにくい箇所になります。気になるようであれば、カウンセリング時に確認してください。そして、カニューレの出し入れによって皮膚が傷つくのを避けるために、「スキンプロテクター」と呼ばれる保護器具を装着します。
切らない脂肪吸引の場合は、この過程もありません。

吸引

切る脂肪吸引の場合、スキンプロテクターを通してカニューレを皮下に挿入していきます。そしてカニューレを出し入れしながら向きを変え、まんべんなく脂肪を吸引していきます。所要時間は吸引量や範囲によりますが、30分~1時間程度です。吸引後、傷口の縫合・消毒を行います。
切らない脂肪吸引の場合、マーカーで入れた目印に合わせて吸引マシンを当て、超音波および冷却によって皮膚の上から脂肪を破壊していきます。所要時間は10~30分程度です。

術後措置

切る脂肪吸引の場合、術後に太もも全体を専用の圧迫下着で圧迫します。この圧迫は自宅でも一定期間必要です。数時間ゆっくり休み、麻酔から目が覚めたのち、帰宅します。
切らない脂肪吸引の場合は、クールダウンなどの術後処置が行われます。

太ももの脂肪吸引の口コミ

辛さを乗り越えて太ももに隙間をゲット

手術後は、痛いしむくみはひどいし、トイレに行くのももの凄く辛かったです。 手術の直後は1週間のお休みをもらいましたが、普通に歩けるようになるまでは3週間かかりました。
その間、往復2時間の通勤は毎日地獄のようでした。でも、それを乗り越えた今はとても幸せです。
パツンパツンだった太ももに隙間ができました。感動です!大金をはたいてやった甲斐があったと思いました。
(20代女性)

ボトムスが2サイズダウンしました

お腹の脂肪吸引の経験があり、仕事をちょうど辞めた時期だったので、思い切って太ももも脂肪吸引しようと決心しました。取る量も多かったせいか、今回のほうがつらかったです。1週間くらいは打撲のような痛みがあり、ひと月くらいはむくんでいたので、ぴったりしたズボンは履けませんでした。
でも、座ったときに太ももに隙間ができるほど細くなり、ジーンズも2サイズダウンしました。
(20代女性)

どうしても痩せなかった太ももを脂肪吸引

30代後半からかなり太ってしまって、ダイエットを試みても太ももだけは痩せなかったので、興味もあった脂肪吸引を受けみようと決心しました。朝10時に来院、麻酔から醒めたのは夕方の5時と、ほぼ一日かかりました。
最初の1週間はむくみもあって、歩くのも大変でしたが、3週間経った今では、ずいぶんと楽になりました。細くなったのもわかるようになってきましたので、完成が楽しみです。
(40代女性)

切らない脂肪吸引・ライポソニックスで美脚に

太ももにライポソニックスを受けました。
施術中は時々チクっとするときがありますが、大きな違和感はなかったです。
施術後は痛みも腫れも全くありません。施術後、太ももの脂肪が減ってたるんだように見えたのですが、1ヶ月過ぎたころからどんどん引き締まっていき、痩せていたころのズボンがはけるようになりました。
(30代女性)

ベイザーで太ももの脂肪をたっぷり吸引

ベイザーでなるべく多くの脂肪を吸引してもらいました。数日は痛みがひどく、夜もまともに寝られない状態です。下半身はダウンタイムが重いという話を聞きましたが、確かに、以前お腹に受けた時よりも痛みがひどかったです。
3ヶ月経った頃からだんだん傷や色が目立たなくなりました。その後少しずつ細くなっています。
(40代女性)

痛みと吐き気で動けませんでした

麻酔のおかげで手術自体は痛くありませんでしたが、手術後はやはり痛いです。吐き気もひどいので、ほとんど行動できません。クリニックの近くにホテルをとっておいて正解でした。
手術後はしばらく圧迫のためにガードルを履いて過ごしますが、すぐに慣れるのでそれほど大変ではありませんでした。
1カ月たって、まだむくみはありますが、それでも以前より細いので満足です。
(20代女性)

太ももの脂肪吸引にかかる費用

太ももは、他と比べて脂肪吸引の費用が高額になる部位です。クリニックや使用機器、吸引量にもよりますが、切る脂肪吸引であれば、60~120万円ほどかかるでしょう。
切らない脂肪吸引であれば、特定の範囲の施術料金が定められており、吸引する範囲に応じて料金が変わるのが一般的です。タイポソニックスの場合、1エリア(4.5cm×4.5cm)で3~4万円が相場です。個人差はありますが、太ももは8~10エリアになるので、25~40万円ほどかかります。

太ももの脂肪吸引にはどれだけ休みが必要?

切らない脂肪吸引を行った場合は、特に休みは必要ありません。筋肉痛のような軽い痛みが生じますが、施術当日から普段通りの生活ができます。
切る脂肪吸引をした場合は、ある程度の休みが必要です。座っていることの多い学生さんや、内勤のオフィスワークの方であれば、3日ほど休みを取るといいでしょう。脂肪吸引後は、なるべく普段通りに過ごしたほうが治りが早いと言われています。座りっぱなしよりも、時々立ち上がって適度に動くのがおすすめです。接客業や外回りの営業のように、立っている時間が長い職業であれば、1週間ほど休みを取るのが望ましいでしょう。注意が必要なのが、クラブやキャバクラといった飲食店の接客業に就く人です。飲酒は傷の回復を妨げるので、2週間は控えてください。業務上飲酒が避けられないのであれば、休みを取りましょう。

太ももの脂肪吸引後はどう過ごせばいい?

太ももの脂肪吸引後は、正しい過ごし方をする必要があります。日常生活に置いて気を付けるべきことを紹介しているのでチェックしてみてくださいね。

食事はタンパク質を積極的に!

脂肪吸引後は体の体温が高くなり、水分が少なくなっています。そのため、水分不足にならないよう水分を摂ることが大切です。また、術後はタンパク質が大量に無くなった状態になります。そのままにしておくと、筋肉が分解し基礎代謝が落ちてしまうことに。結果的に太りやすい体質になるのを避けるためにも、術後の食事はタンパク質をたくさん摂ると良いでしょう。

入浴・シャワーのタイミングは?

術後すぐのタイミングで湯船に浸かったり、シャワーを浴びたりすることはNGとされています。手術で皮膚を傷つけた部分からばい菌が入ってしまうのを防ぐためです。入浴を控えているときに汗や汚れで気持ち悪くなったときは傷口を軽く濡れタオルで拭くようにしましょう。術後2~3日経ったら、シャワーがOKになります。

圧迫下着は必要?

脂肪吸引した箇所を圧迫することによって、痛みが軽減する人が多くいます。そのため、術後に痛みがある方は吸引した箇所専用の圧迫下着を着けると◎。吸引後の腫れを朝得て傷を早く治すためにも圧迫は必要です。圧迫期間は1~3ヶ月とクリニックによって異なります。医師の指導をよく聞いて継続しましょう。

痛み止めを飲んでも良いの?

術後の痛みが不安という方は、麻酔が切れる前に痛み止めを打ってもらうと良いでしょう。また、術後に痛みがある場合は我慢せず、積極的に痛み止めを飲んでかまいません。クリニックでもらった痛み止めはもちろん、市販で販売されている痛み止めでもOKです。

他部位の同時施術について

全身の脂肪吸引を望んでいる方は多く、1度に異なる箇所の脂肪吸引をしたいと考えている方もいます。しかし、1度に複数の箇所を脂肪吸引するのは、体への負担が大きいと考えておきましょう。体のパーツによっては同時に手術できるケースがあります。お尻・太もも・ひざは全て繋がっているため、手術回数を複数に分けてしまうと、境い目ができ不自然になってしまうからです。

中には、お尻から足くびまでの全てのパーツを1度に行う人もいます。脂肪の付き方や体調などによって、1度にできるパーツは異なるので、医師に相談するのがベストです。もちろん、複数箇所の手術を受けるにあたって費用も高くなります。パーツによって費用に差があるので、事前にトータルの費用と予算を照らし合わせて検討しましょう。

太ももの脂肪吸引で考えられるリスク

脂肪吸引の仕上がりの美しさは、医師の技術やセンス・判断力に大きく左右されます。
ここでは、太ももの脂肪吸引でありがちな失敗をまとめました。

左右の太ももの太さの違い

脂肪の取り残しで、仕上がりに左右差が出てしまうことがあります。しかし腫れなどは、術後経過の状態によっては左右均等に出ない場合もあるので、まずは3ヶ月ほど様子をみましょう。それでも左右差が気になる場合は修正をしてもらってください。

お尻とのバランスが悪い

太ももが細くなったのにお尻がそのままだと、お尻が大きく見えてしまい、見た目のバランスが悪い下半身になってしまいます。太ももの脂肪を大量に吸引するつもりなら、お尻との同時施術をお勧めします。

脂肪の取り過ぎ

太ももの脂肪を多く取りすぎると、太ももの付け根にあるお尻を支える脂肪までなくなってしまいます。この脂肪がなくなると、年月の経過とともにお尻の垂れ下がりが目立つようになってしまいます。

膝のしびれ

太ももの脂肪吸引によって神経組織が傷つくと、膝にしびれが残ってしまうリスクが出てきます。一時的なものであれば自然に治っていきますが、長引くようであれば病院で診察を受けてください。

膝のたるみ

たるみは、過剰な脂肪吸引や、浅い脂肪層を吸引した時に起こりやすい問題です。太ももの薄い脂肪層の構造は、吸引による影響で膝のたるみを引き起こしやすいことから、キレイな仕上がりのために表層の脂肪を残す必要があります。

太ももが凸凹する

脂肪吸引は中央部が吸引されやすく、隅に行き届かなくて真ん中が凹んだ仕上がりになってしまうことも、なかにはあります。凹凸を出さないためには、部位に適した手術法で、カニューレ操作に慣れている医師に担当してほしいですね。太ももは前面の脂肪層が薄く、筋層に近いため、取りムラがあると凹凸が目立ってしまいます。

太ももの感覚が元に戻らない

脂肪吸引時に筋ダメージを受けやすい部位が太ももです。脂肪層と筋層の形状から、このようなリスクがついて回ります。感覚の鈍さや、しびれなどの症状が長引きやすいことから、治療後の生活にも支障をきたす可能性があります。

合併症

脂肪吸引によってさ生じる「血栓」という血液の塊が血管につまることで、合併症を引き起こすことがあります。脂肪吸引時は体に水分が不足しがちで、姿勢もずっと同じになることから血栓ができやすくなります。治療後は水分を多く摂り、適度に太ももを動かすことが大切です。

失敗しないためにも信頼できるクリニックを選ぼう

脂肪吸引には麻酔をして身体を切る脂肪吸引や、切らずに脂肪細胞だけを破壊する「切らない脂肪吸引」と様々ありますが、施術の方法やドクターの腕の違いによっては、手術を受けた部位が凸凹になり美しいボディラインを失ってしまったり、たるみを引き起こしてしまったりという事例も多くあります。そうならないためにも、数多くの症例実績のある医療機関や脂肪吸引を専門的に行なっているクリニックを選ぶことが大切です。

脂肪吸引と併用すると効果が高まるもの

脂肪吸引に加えて、運動やマッサージをすることで、さらに痩身効果が得られます。

マッサージ

脂肪吸引後1か月がたったら、太もものマッサージをはじめましょう。1日10分でもいいので毎日続けることが大切です。マッサージ自体で脂肪が燃焼するわけではありませんが、マッサージによりほぐされた皮下脂肪は燃焼しやすい状態になります。また、脂肪吸引後の拘縮を和らげるためにも効果的です。さらに、運動の前にマッサージを行なうと、リンパや血液の流れが良くなり、脂肪燃焼の効果が高まります。

有酸素運動

ダウンタイムが終わり、傷がふさがったら、有酸素運動を取り入れてみてください。脂肪を燃焼させるためには、息があがるほど激しい運動は必要ありませんが軽い運動をするのが効果的。特に有酸素運動は脂肪燃焼の効果があるのでおすすめです。有酸素運動とは十分な酸素を体内に取り入れながら運動すること。ウォーキングやジョギング、水泳などがこれに当たります。有酸素運動をはじめてから20~30分後に身体の脂肪燃焼がはじまります。30分以上は続けるようにしましょう。なるべく太ももを大きく動かすような運動がおすすめです。

切らない脂肪吸引 東京のおすすめクリニックはコチラ

  • 二の腕
  • 背中
  • ウエスト
  • お腹
  • お尻
  • 太もも
  • 膝まわり
  • ふくらはぎ(足)

痩せたい部位によって、治療方法が異なるって、ご存知でしたか?
あなたがスリムになりたい部位をチェック!

脂肪吸引の方法切る手術方法とは

吸引管で脂肪を吸引する治療法です。
最近では、皮膚の切開の範囲も小さくなり、その分身体への負担も軽くなっているんだとか…。
クリニックによって様々な機器や手法を用いて脂肪を吸引しているようですが、それぞれどんなリスクや効果が期待できるのでしょうか?
機器や手法ごとに分けて東京のクリニックをまとめてみました。

  • 機器や手法の違いをチェック
  • 切る脂肪吸引クリニックおすすめ5院

切らない手術方法とは

吸引管を使用せず、外からの刺激で脂肪を減らす治療法です。
最近では、アメリカの厚生省が痩せると認可しているハイテク技術を搭載したマシンまであり、身体への負担も軽く、治療後は普段通りに過ごせます。
クリニックによって様々なマシンがあるようですが、それぞれどんな効果が期待できるのでしょうか?

  • 機器や手法の違いをチェック
  • 切らない脂肪吸クリニックおすすめ5院

脂肪吸引クリニック選び3つの心得

大切なクリニック選び

クリニックならどこでも良いというわけではありません。
脂肪吸引の技術は、医師の腕次第で仕上がりに大きな差があるといわれています。

失敗者口コミ
  • 治療後、肌が凸凹になった…
  • 治療した肌のたるみがひどい…
  • 傷が治らない…

など…技術力の低い、不慣れな医師の治療はとてもリスクが高くなります。
このリスクを減らすために、正しいクリニックの選び方やおすすめできないクリニックの特徴をご紹介します。ぜひご参考にしてください。

クリニック選び3つの心得

東京の脂肪吸引クリニックを比較してみました!

切らない脂肪吸引おすすめクリニックはコチラ

切る脂肪吸引おすすめクリニックはコチラ