キレイに痩せる!脂肪吸引治療の受け方ガイド
切る脂肪吸引切らない脂肪吸引お悩みを解消するのはどっち?

診断スタート

ウエストはとても脂肪がつきやすい部位です。また、一度脂肪がついてしまうと、なかなか落ちにくいところでもあります。
落ちにくい脂肪を落とすためには、脂肪吸引が効果的です。身体の脂肪細胞は思春期以降、ほとんど増えたり減ったりしません。よって、脂肪吸引で脂肪細胞の数を減らしてしまえば、今の体型をスリムにするだけでなく、リバウンドも抑えることができます。

ウエストを脂肪吸引する場合、治療時間はそれほどかかりません。また脂肪吸引の中では、ダウンタイムの比較的短い部位でもあります。
つまめる皮下脂肪の大半を吸い取ることができるため満足度は高く、パンツに余裕ができたりベルト穴の位置が変わったりと、効果を楽しむことができます。

キレイなウエストとは?

女性にとって理想のウエストは、やはりくびれのあるウエストでしょう。
男性は、ただ痩せているウエストよりも、メリハリのあるボディに惹かれるようです。

メリハリのあるボディにするためには、脂肪を取りすぎてはいけません。
ウエストの脂肪を取りすぎてしまうと、ガリガリで骨張った貧相な体型になってしまいます。
ほどよく脂肪がついていることは大事で、その方が豊かに見えて魅力的です。

また美しいウエストに仕上げたかったら、360度どこから見てもなだらかにつながったボディラインにすることが重要です。
そのため、ウエストの脂肪を吸引するときは、お腹などの周辺部位も併せて手術するのが一般的です。

吸引に失敗すると…

脂肪吸引の仕上がりの美しさは、ドクターの技術・センス・判断力に大きく左右されます。
ウエストの脂肪吸引は他の部位に比べると失敗は少ないようですが、まれに以下のようなトラブルがあるようですので、信頼できるクリニックを選ぶことが大事です。

  • 傷跡
    穴をあける場所が悪いか、傷口の保護プロテクターを付けないで手術をすると、カニューレの操作でさらに穴を傷つけてしまいます。
    シワのある部位に穴をあける、吸引口を守るプロテクターを装着するなどの配慮が必要です。
    また、傷跡は体質が理由の場合もありますが、未熟なドクターだと、治せる傷でも取り合ってくれないこともあります。
  • 色素沈着
    術後の圧迫によるかぶれなどで水泡ができると、それが破れて色素沈着を起こすことがあります。
    皮膚がデリケートな人は、早めのテーピング交換が必要です。
    ウエストは、圧迫のずれで水泡ができやすい部位なので、早めに巻き直しをしましょう。
ウエストの脂肪吸引の口コミ

元々ずん胴体型だったので、くびれがなく、ウエストも太い方でした。
最近は年齢とともにさらにひどくなり、服が入らなくて困っていました。
体重はそれほどあるわけではなかったのですが、ダイエットをしてもウエスト周りだけは細くならない…。
そこで今回、ウエスト・お腹・腰の脂肪吸引を受けることにしたんです。
結果は、びっくりするほど細くなりました。入らなかったスカートやワンピースも また着られるようになり、本当に良かったと思っています。
(50代女性 ウエスト・腹・腰)

太りやすい家系のようで、食事などに気をつけてもある程度までしか痩せないので、脂肪吸引を決めました。施術後の体調が思わしくなく、閉院時間までお邪魔してしまいました。3日目までは浮腫みがひどくて、4日目にようやく仕事に復帰。
ハイウェストのスカートを履いたら「胸、大きくなった?」と聞かれるくらいには、ウエストが細くなったみたいです。
(20代女性)

これまではエステに通っていましたが、それが無駄だと思うくらい、1回の施術でウエストの贅肉が落ちました。初夏に手術をしたので、暑い日には圧迫のせいで、汗をかいてかぶれて困りました。また、術後2週間は足のむくみもひどかったです。
でも、3週間くらい経つと腰まわりの肉が落ちているのを実感しました。エステをやめて手術してよかったです。
(30代女性)

何をやっても落ちない下腹部の脂肪がコンプレックスでした。ジムに通うことも考えましたが、確実に結果を出したいのでベイザー脂肪吸引で除去してもらうことにしました。
手術にかかった時間は、腹部全体、ウエスト、背中、合わせて3時間から3時間半。麻酔が効きにくい体質なので、手術中にも痛みは感じましたが、その後は内服の痛み止めで耐えられました。
手術をして3ヶ月経ちますが、やって良かったと思っています。一番気になっていたポッコリお腹もスッキリしていてくびれもありますし、かなり満足しています。
(30代男性)

どうしてもビキニが着たくて、脂肪吸引を受けることにしました。
手術前後での大きな変化は、今までジーンズに乗っていたお肉が消えて、ウエストがスッキリしたことです。
3ヶ月経ちましたが、念のためガードルをつけて、体型をキープしています。これからは自信を持って水着を着れることが何より嬉しいです。
(30代女性)

今まで20回以上痩身エステを受けていましたが、なかなか理想の体型に近づけずにいました。
成果が出るまでにあとどのくらいかかるんだろう、いくら必要なんだろうと考えていた頃、友達に脂肪吸引を勧められ、意を決して手術に踏み切りました。
結果、脂肪吸引をして本当に正解でした。価格は高いですがエステと違って1回で済みますし、そしてなんといっても、このくびれはエステでは作れなかったと思います。
(30代女性)

切らない脂肪吸引 東京のおすすめクリニックはコチラ

  • 二の腕
  • 背中
  • ウエスト
  • お腹
  • お尻
  • 太もも
  • 膝まわり
  • ふくらはぎ

痩せたい部位によって、治療方法が異なるって、ご存知でしたか?
あなたがスリムになりたい部位をチェック!

脂肪吸引の方法切る手術方法とは

吸引管で脂肪を吸引する治療法です。
最近では、皮膚の切開の範囲も小さくなり、その分身体への負担も軽くなっているんだとか…。
クリニックによって様々な機器や手法を用いて脂肪を吸引しているようですが、それぞれどんなリスクや効果が期待できるのでしょうか?
機器や手法ごとに分けて東京のクリニックをまとめてみました。

  • 機器や手法の違いをチェック
  • 切る脂肪吸引クリニックおすすめ5院

切らない手術方法とは

吸引管を使用せず、外からの刺激で脂肪を減らす治療法です。
最近では、アメリカの厚生省が痩せると認可しているハイテク技術を搭載したマシンまであり、身体への負担も軽く、治療後は普段通りに過ごせます。
クリニックによって様々なマシンがあるようですが、それぞれどんな効果が期待できるのでしょうか?

  • 機器や手法の違いをチェック
  • 切らない脂肪吸クリニックおすすめ5院

脂肪吸引クリニック選び3つの心得

大切なクリニック選び

クリニックならどこでも良いというわけではありません。
脂肪吸引の技術は、医師の腕次第で仕上がりに大きな差があるといわれています。

失敗者口コミ
  • 治療後、肌が凸凹になった…
  • 治療した肌のたるみがひどい…
  • 傷が治らない…

など…技術力の低い、不慣れな医師の治療はとてもリスクが高くなります。
このリスクを減らすために、正しいクリニックの選び方やおすすめできないクリニックの特長をご紹介します。ぜひご参考にしてください。

クリニック選び3つの心得

東京の脂肪吸引クリニックを比較してみました!

切らない脂肪吸引おすすめクリニックはコチラ

切る脂肪吸引おすすめクリニックはコチラ