キレイに痩せる!脂肪吸引治療の受け方ガイド
切る脂肪吸引切らない脂肪吸引お悩みを解消するのはどっち?

診断スタート

ウエスト

ウエストはとても脂肪がつきやすい部位です。また、一度脂肪がついてしまうと、なかなか落ちにくいところでもあります。
落ちにくい脂肪を落とすためには、脂肪吸引が効果的です。身体の脂肪細胞は思春期以降、ほとんど増えたり減ったりしません。よって、脂肪吸引で脂肪細胞の数を減らしてしまえば、今の体型をスリムにするだけでなく、リバウンドも抑えることができます。

ウエストを脂肪吸引する場合、治療時間はそれほどかかりません。また脂肪吸引の中では、ダウンタイムの比較的短い部位でもあります。
つまめる皮下脂肪の大半を吸い取ることができるため満足度は高く、パンツに余裕ができたりベルト穴の位置が変わったりと、効果を楽しむことができます。

キレイなウエストとは?

女性にとって理想のウエストは、やはりくびれのあるウエストでしょう。
男性は、ただ痩せているウエストよりも、メリハリのあるボディに惹かれるようです。

メリハリのあるボディにするためには、脂肪を取りすぎてはいけません。
ウエストの脂肪を取りすぎてしまうと、ガリガリで骨張った貧相な体型になってしまいます。
ほどよく脂肪がついていることは大事で、その方が豊かに見えて魅力的です。

また美しいウエストに仕上げたかったら、360度どこから見てもなだらかにつながったボディラインにすることが重要です。
そのため、ウエストの脂肪を吸引するときは、お腹などの周辺部位も併せて手術するのが一般的です。

ウエストの脂肪の特徴は

すぐにお肉がついてしまう厄介なウエスト。身体のなかでも特に脂肪がつきやすい部位です。ウエストについてしまう脂肪には、皮下脂肪と内臓脂肪の2種類があります。ウエストは大きな骨格で支えられているわけではないので筋肉で支える必要がありますが、この筋肉が衰えると皮下脂肪がつきやすくなります。ちょっとした食生活の乱れや運動不足でもお肉がついてしまうのです。また内臓脂肪が溜まりすぎると「メタボリックシンドローム」の状態に。内臓脂肪を放っておくと高血圧や糖尿病、動脈硬化などを引き起こす生活習慣病のもとになります。最悪の場合には命を落としてしまう危険すらあるため、普段の食生活から気を付けなくておかなくてはなりません。内臓脂肪は食生活や適度な運動で落としやすいのですが、なかなか取りにくい のがウエストについた皮下脂肪。お腹の横側に皮下脂肪がついてしまうと、ウエストラインが崩れてだらしなく見えてしまいます。自分のウエストの脂肪が皮下脂肪と内臓脂肪のどちらかを見極めて、正しい方法で脂肪を減らすことが大切です。

ウエストの脂肪を落とすには?

ついてしまったウエストの脂肪を落とすには以下のような方法があります。

腹筋をする

ウエストについた脂肪を燃焼しやすくするために、お腹周りの筋肉を鍛えるのが効果的です。腹筋をするときの呼吸法も大切。体を倒すときに息を吸い込んで、上体を起こしながら息を吐き切るようなイメージで腹筋を行なうと、効果的に筋肉が鍛えられるのでおすすめです。毎日15~20回ずつでもいいので継続することが大切。腰や首を痛めない程度に適度に行ないましょう。腹筋が苦手な方は、腰をひねりながら行なうフラフープやボクササイズなども効果的です。とくにお腹の横側を意識して動かすようにしましょう。

腕を振ってウォーキングする

ウォーキングもウエストの脂肪には有効です。ウォーキングは有酸素運動なので、適度に心拍数を上げて脂肪が燃焼しやすい状態になります。1日10,000歩を目標にしてみてください。このとき意識したいのが腕の振りかたと速度。胸の部分で腕を振るように意識しましょう。歩きながらウエスト部分の筋肉も動くので効果を高めることができます。また時速6km以上の速度で歩くことは脂肪燃焼に有効と言われています。身体を休息する日をつくり、無理をし過ぎず週3回ほどのペースで取り入れると良いでしょう。

脂肪吸引をする

脂肪吸引は、短期間で確実にウエストの脂肪を取る方法です。細胞を一度取り除いてしまうと、身体が新しく脂肪細胞そのものをつくり出すことがないので、リバウンドしてウエストに再び脂肪がついてしまうという可能性が低くなります。皮下脂肪によるウエストの太さが気になる人にはおすすめです。まずは脂肪吸引を行なっている専門医に相談し、ウエストの脂肪が皮下脂肪によるものか内臓脂肪かを相談してみるといいでしょう。

ウエストの脂肪を効率的に落とすには脂肪吸引がオススメ

短期間で効率的に脂肪を落として細いウエストを手に入れたいなら、脂肪吸引がおすすめです。主に脂肪吸引は施術の方法で2つに分類されます。皮膚を切り、カニューレと呼ばれる管を皮膚に入れて脂肪を吸い出す「切る脂肪吸引」と、医療機器や薬剤の注入だけで脂肪を破壊・溶解する「切らない脂肪吸引」です。

切る脂肪吸引では、まれに施術部位に凹凸が出来てしまう、また脂肪を取りすぎてバランスが悪くなってしまうといった術後のトラブルがみられるのも事実です。また貧血やアレルギーなどの体質によっては「切る脂肪吸引」の施術を受けられない場合も。どんな体質の人でも受けやすい「切らない脂肪吸引」はこれまでの切る脂肪吸引に比べて安全で、リスクも低めなのでおすすめです。女性らしいキュッとしまったウエストは美しさに欠かせないもの。脂肪吸引で効率的に細いウエストを手に入れて、おしゃれを思いっきり楽しめる毎日にしたいですね。

ウエストの脂肪吸引でおすすめの切らない施術は?

切らない脂肪吸引で理想のウエストを手に入れたい人には、ライポソニックスがおすすめ。1回施術を受けるだけで、誰もが憧れるメリハリあるウエストを手に入れることができます。術後はリバウンドの恐れもほとんどありません。

ライポソニックス

ライポソニックスとは、ハンドピースから照射される超音波によって脂肪細胞を破壊するマシン。1時間~2時間程度の施術を1度受けるだけで、以後、その部位に関しては二度とリバウンドする恐れがありません。
術後は、2~3ヶ月かけて少しずつ脂肪が減少。急激に痩せることはないので、周囲には自然なダイエットに映るでしょう。
なお、ライポソニックスが対象とする脂肪は厚さ2.5cm以上の部位のみ。一般にほとんどの人のウエストの脂肪は2.5cm以上ありますが、痩せすぎている人は施術を受けられない可能性もあるのでご注意ください。

ウエストの脂肪吸引でおすすめの切る施術は?

切る脂肪吸引でくびれのあるウエストを作りたい方には、エルコーニアレーザーをおすすめします。切る脂肪吸引の中では比較的体への負担が少ないため、ウエストやお尻など広範囲の脂肪吸引に適した施術です。

エルコーニアレーザー

エルコーニアレーザーとは、低出力のレーザーによって脂肪細胞を液化させる脂肪吸引法です。脂肪が気になる部分にエルコニアレーザーを滑らせることによって、数分間で脂肪細胞が液状化。液状化した脂肪を速やかにカニューレで吸引します。
なお従来のレーザー式脂肪吸引は、脂肪層に細い医療器具を挿入して脂肪細胞に直接レーザーを照射する方法。エルコーニアレーザーの誕生によって肌の上から脂肪を溶解させることが可能になったため、体への負担が大幅に軽減されるようになりました。
比較的広範囲にレーザーを照射させることができるため、ウエスト、お腹、太もも、お尻などの脂肪吸引にも無理なく対応できます。

ウエストの脂肪吸引の口コミ

元々ずん胴体型だったので、くびれがなく、ウエストも太い方でした。
最近は年齢とともにさらにひどくなり、服が入らなくて困っていました。
体重はそれほどあるわけではなかったのですが、ダイエットをしてもウエスト周りだけは細くならない…。
そこで今回、ウエスト・お腹・腰の脂肪吸引を受けることにしたんです。
結果は、びっくりするほど細くなりました。入らなかったスカートやワンピースも また着られるようになり、本当に良かったと思っています。
(50代女性 ウエスト・腹・腰)

太りやすい家系のようで、食事などに気をつけてもある程度までしか痩せないので、脂肪吸引を決めました。施術後の体調が思わしくなく、閉院時間までお邪魔してしまいました。3日目までは浮腫みがひどくて、4日目にようやく仕事に復帰。
ハイウェストのスカートを履いたら「胸、大きくなった?」と聞かれるくらいには、ウエストが細くなったみたいです。
(20代女性)

これまではエステに通っていましたが、それが無駄だと思うくらい、1回の施術でウエストの贅肉が落ちました。初夏に手術をしたので、暑い日には圧迫のせいで、汗をかいてかぶれて困りました。また、術後2週間は足のむくみもひどかったです。
でも、3週間くらい経つと腰まわりの肉が落ちているのを実感しました。エステをやめて手術してよかったです。
(30代女性)

何をやっても落ちない下腹部の脂肪がコンプレックスでした。ジムに通うことも考えましたが、確実に結果を出したいのでベイザー脂肪吸引で除去してもらうことにしました。
手術にかかった時間は、腹部全体、ウエスト、背中、合わせて3時間から3時間半。麻酔が効きにくい体質なので、手術中にも痛みは感じましたが、その後は内服の痛み止めで耐えられました。
手術をして3ヶ月経ちますが、やって良かったと思っています。一番気になっていたポッコリお腹もスッキリしていてくびれもありますし、かなり満足しています。
(30代男性)

どうしてもビキニが着たくて、脂肪吸引を受けることにしました。
手術前後での大きな変化は、今までジーンズに乗っていたお肉が消えて、ウエストがスッキリしたことです。
3ヶ月経ちましたが、念のためガードルをつけて、体型をキープしています。これからは自信を持って水着を着れることが何より嬉しいです。
(30代女性)

今まで20回以上痩身エステを受けていましたが、なかなか理想の体型に近づけずにいました。
成果が出るまでにあとどのくらいかかるんだろう、いくら必要なんだろうと考えていた頃、友達に脂肪吸引を勧められ、意を決して手術に踏み切りました。
結果、脂肪吸引をして本当に正解でした。価格は高いですがエステと違って1回で済みますし、そしてなんといっても、このくびれはエステでは作れなかったと思います。
(30代女性)

吸引に失敗すると…

脂肪吸引の仕上がりの美しさは、ドクターの技術・センス・判断力に大きく左右されます。
ウエストの脂肪吸引は他の部位に比べると失敗は少ないようですが、まれに以下のようなトラブルがあるようですので、信頼できるクリニックを選ぶことが大事です。

  • 傷跡
    穴をあける場所が悪いか、傷口の保護プロテクターを付けないで手術をすると、カニューレの操作でさらに穴を傷つけてしまいます。
    シワのある部位に穴をあける、吸引口を守るプロテクターを装着するなどの配慮が必要です。
    また、傷跡は体質が理由の場合もありますが、未熟なドクターだと、治せる傷でも取り合ってくれないこともあります。
  • 色素沈着
    術後の圧迫によるかぶれなどで水泡ができると、それが破れて色素沈着を起こすことがあります。
    皮膚がデリケートな人は、早めのテーピング交換が必要です。
    ウエストは、圧迫のずれで水泡ができやすい部位なので、早めに巻き直しをしましょう。

失敗しないためにも信頼できるクリニックを選ぶ

脂肪吸引には、痩せたい部位に専門器具を差し込み吸引する方法がありますが、従来の脂肪吸引はドクターの腕の違いによって仕上がりに差があり、術中や術後のトラブルが聞かれることも。医療機器は日々目覚ましい進歩を遂げ、機器や薬剤で脂肪細胞だけに作用して確実に脂肪を落とす「切らない脂肪吸引」も多数あります。脂肪吸引によって美しいボディラインを失ってしまわないためにも、症例実績の多い医療機関や脂肪吸引を専門的に行なっているクリニックを選ぶことが大切です。

切らない脂肪吸引 東京のおすすめクリニックはコチラ

  • 二の腕
  • 背中
  • ウエスト
  • お腹
  • お尻
  • 太もも
  • 膝まわり
  • ふくらはぎ

痩せたい部位によって、治療方法が異なるって、ご存知でしたか?
あなたがスリムになりたい部位をチェック!

脂肪吸引の方法切る手術方法とは

吸引管で脂肪を吸引する治療法です。
最近では、皮膚の切開の範囲も小さくなり、その分身体への負担も軽くなっているんだとか…。
クリニックによって様々な機器や手法を用いて脂肪を吸引しているようですが、それぞれどんなリスクや効果が期待できるのでしょうか?
機器や手法ごとに分けて東京のクリニックをまとめてみました。

  • 機器や手法の違いをチェック
  • 切る脂肪吸引クリニックおすすめ5院

切らない手術方法とは

吸引管を使用せず、外からの刺激で脂肪を減らす治療法です。
最近では、アメリカの厚生省が痩せると認可しているハイテク技術を搭載したマシンまであり、身体への負担も軽く、治療後は普段通りに過ごせます。
クリニックによって様々なマシンがあるようですが、それぞれどんな効果が期待できるのでしょうか?

  • 機器や手法の違いをチェック
  • 切らない脂肪吸クリニックおすすめ5院

脂肪吸引クリニック選び3つの心得

大切なクリニック選び

クリニックならどこでも良いというわけではありません。
脂肪吸引の技術は、医師の腕次第で仕上がりに大きな差があるといわれています。

失敗者口コミ
  • 治療後、肌が凸凹になった…
  • 治療した肌のたるみがひどい…
  • 傷が治らない…

など…技術力の低い、不慣れな医師の治療はとてもリスクが高くなります。
このリスクを減らすために、正しいクリニックの選び方やおすすめできないクリニックの特長をご紹介します。ぜひご参考にしてください。

クリニック選び3つの心得

東京の脂肪吸引クリニックを比較してみました!

切らない脂肪吸引おすすめクリニックはコチラ

切る脂肪吸引おすすめクリニックはコチラ